カウンセラー体験記(2008年度版)


13期生(小4〜高2)

 
 
子供の笑顔をみたいから、子供の成長をみたいから、子供の頑張る姿をみたいから、そんな気持ちで僕たちは活動しています。
1年生だった去年は、0からのスタートでした。
キャンプってどんなことするんだろう、わからない自分が子供たちのリーダーとして、キャンプしていけるんだろうか、と不安もありました。
でも実際に活動していくうちに、早くあの子たちに会いたい、少しでも力になりたいと思うようになりました。
そして迎えた夏のキャンプ。子供が自分の力で作るキャンプ。その笑顔が彼らと作ってきた時間でした。
KAPPAのキャンプカウンセラーは、子供の側で共に最高の時間をつくれる、そんな存在です。

(広島大学 教育学部 1年生 男性)