カウンセラー体験記(2008年度版)


MD(プログラム運営・補助スタッフ)

 
 
MDカウは、班付きカウが活動しやすくするために準備をしたり、子どもをみたり、とにかく活動を快適に進めていくには欠かせない存在です。
MDをしながら研修会の流れをつかんだり班運営の工夫を学んだり、1年目の私にとっては大きな収穫でした。この収穫を活かし、実際に臨時で班を持たせてもらうこともありました。
その時の子どもたちの笑顔は忘れられません。年間の研修会を通して、私はMDだからといって身を引くのではなく、素直に、1番は子どもたちを思い行動に移すことが大事だと感じました。
MDだからこそたくさんの子どもたちと触れあい、成長を感じることができるのだと思います。
そして、その成長は自分の成長と深く関わっていると意識し、これからの活動にも活かしていきたいと思いました。

(広島大学 教育学部 1年 女性)