カウンセラー体験記(2010年度版)


MD(プログラム運営・補助スタッフ)

 
 

KAPPAでは年間七回の研修会で子ども達と多くの時間を一緒に過します。一年目はMDカウンセラーという役割をもち、自分の班を持たなかったのですが、それでも子どもと関わることは多くて、自分の名前を覚えて、慕ってくれる子もいます。「来年は一緒の班がいいな」って言ってくれた子もいました。そんな子どもたちと一緒にいると自然と笑顔になります。元気になります。忙しく大変なこともありますが、広島の現役教師のスタッフの皆さんや素晴らしい先輩方のサポート、何より元気いっぱいな子ども達の存在が僕たちKAPPAの頑張ろうという力になります。


(広島大学 教育学部 2年 菅涼太郎)