カウンセラー体験記(2011年度版)


こぐま(小学2年〜小学3年)

 
    私は今年こぐまコースの班カウンセラーとして活動しました。1年を通して子どものチャレンジする姿やお互いに協力し合う姿をたくさん見ることができました。中でも夏キャンプでの子どもの姿が一番印象に残っています。みんなの前であいさつをしたり、食事の準備係をしたり、何をするにつけても子ども達が積極的に取り組んでいました。そんな中、これまで引こみ思案で自分の意思をあまり出さない子が、「わたしやってみたい」とはっきり言った時、感動しました。実はその子が一緒に楽しめるように、ほかの子ども達が協力してその環境をつくってくれていたのです。その成果が実ったこと、その子がチャレンジする姿を見れたことが私にとって何よりの収穫になりました。子どもがやりたいことを共にやりぬいて、サポートする。その結果、得られるものの大きさは計りしれないものがある。私はこの1年を通してこのことを学びました。
広島大学 教育学部3年 四位一徳
 
 


 
    私は今年初めてこぐまの班のリーダーとして1年間活動しました。こぐまでは、子どもたちが初めてのことにチャレンジをする場面がたくさんあります。野外炊飯だったり、宿泊施設でのお泊りだったり。初めて班の中で子どもたちと一緒に活動する私にとってもこの1年はチャレンジでした。「どうしたら班がうまくまとまるかな」「この子が一人で身支度をできるにはどう声をかけよう」私の中でできる精一杯の関わりで1年間を過ごしました。私ができないこともたくさんあったけど、そんな中で励みになったのは、一緒にチャレンジして成長していく子どもたちの姿でした。そして、最後の活動で子どもたちとお互いに1年間ありがとうって言えた時は本当に1年間やってきてよかったなと思いました。子どもたちと共にチャレンジして成長できた1年間は僕の宝物です。そしてこのKAPPA組でもっと経験を積めばもっと力がつくんだと思わせてくれました。そんなKAPPA組が大好きです。

                    広島大学 教育学部2年 荒山裕輝