カウンセラー体験記(2011年度版)


わくわく(4歳児(年中)〜小1)

 
    私は将来教員を目指している大学3年生です。
KAPPA組をしてきてよかったなと思う瞬間は、子どもの成長を一緒に活動することを通じて実感できた時です。KAPPA組では1年間を通じて子どもと関わることができるので、子どもの成長を感じることができます。最初の活動では自分から感想を言えなかった子が、最後の活動の時には保護者の方々の前で聞こえるくらい大きな声で感想を言うことができたり、最初は大学生が仲介しなければつながらなかった関係も、最後には子どもたち同士で声をかけあって頑張ろうとする姿が見えたり。その成長する姿に感動します。また、続けることでどんどん子どもとの関わりが増えていき、わたしの名前を呼んでくれる子が増えていくことにも喜びを感じます。大学の理論だけでは見えてこないこともKAPPA組をしていたら現実に見えてきます。子どもとの関わり方も実践的に学ぶことができます。もし、私と同じで教員を目指す人がいるのであれば、たった4年間しかない大学生活を将来のために、子どもたちと楽しく過ごしてみてほしいと思います。
                        安田女子大学 3年 水津那緒子
 
 


 
    私は去年、わくわくコースで活動させていた
だきました。はじめの頃は、なかなか自分からお友達に話しかけられなかったり、みんなと一緒に歌ったり踊ったりするのを恥ずかしがる姿をよく見ました。そんな子どもたちも、研修会を重ねる毎にどんどん成長していって、私たちを驚かせてくれました。秋キャンプで他コースのお兄さん、お姉さんに一生懸命ついていこうとしている子。マイタウンウォッチングのお芋だんご作りで「みんなで順番こにやろうね。」「私がボウルを押さえるね。」と協力して頑張っている姿。新年会でわくわくソングをとっても大きな声で楽しそうに歌っている姿。こんな子どもたちを見るたびに、「オープンで初めて会ったときから、本当に大きくなったなぁ。成長してるんだなぁ。」と嬉しくなると同時に、「
KAPPAでやってきて良かった」という気持ちでいっぱいになりました。

                        
                                 広島大学 教育学部 1年 住田茉優