カウンセラー体験記(2013年度版)


KAPPA組 卒業生

 
   

KAPPA組は、単純なボランティア活動ではありません。子どもの成長を支援するために、自分たちにはなにができるのか、何をしなければいけないのかを、仲間ととことん話し合います。誰かと真剣に向き合うことは、相手が子どもだとしても、大人だとしても簡単ではありません。しかし、同じ夢を志す仲間と全力で、本気で活動にするにつれてそれは大きな感動を生むことを、私はこのKAPPA組で学びました。安芸の子の子ども達は、いつも全力で、活動しています。大声で歌い、初めてのことに挑戦し、時には涙し、最後は満開の笑顔で仲間と抱き合う。そんな子ども達の姿から、私達は大きな大きな勇気をもらいます。このKAPPA組は、どんなボランティアよりも自分自身を成長させることのできる場所です。1度しかない大学生活、私達と子ども達と共に、自分自身を磨いてみませんか?

 

広島大学教育学部 平成26年度卒業生 田村 優季